MENU

ご利用までの流れ

Step.01

みんなのかかりつけ訪問看護ステーションに連絡

介護保険をご利用の方

主治医、またはケアマネージャーにご相談いただき、訪問看護指示書を交付のうえご連絡ください。

医療保険をご利用の方

主治医、またはソーシャルワーカーにご相談いただき、訪問看護指示書を交付のうえご連絡ください。

介護保険や医療保険が適用されるかわからない、かかりつけ医やケアマネージャーがいない方は、お電話にてご相談ください。
Tel.052-331-1904(受付時間 / 平日10:00〜18:00)

Step.02

ヒアリング

病状など、訪問看護の提供に必要な情報をお伺いします。

Step.03

ケア内容の検討

ケアの内容やスケジュールなどの検討・ご調整をします。

Step.04

サービスご提供開始

  • ※訪問看護指示書は、医療保険の対象となり保険割合に応じた自己負担を医療機関に支払う必要があります。
  • ※自宅にお伺いする日付を決めて訪問看護開始となります。

サービス概要

1.療養上のお世話 身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの援助・指導
2.医師の指示による医療処置 かかりつけ医の指示に基づく医療処置
3.病状の観察 病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
4.医療機器の管理 在宅酸素、人工呼吸器などの管理
5.ターミナルケア がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切なお手伝い
6.床ずれ予防・処置 床ずれ防止の工夫や指導、褥創(じょくそう)の手当て
7.認知症のケア 事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
8.在宅でのリハビリテーション 拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練 等
9.家族の介護相談 どのように医療処置をしたらいいか、介護をしたらいいかのご相談、ご指導 等
10.介護予防など 低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス 等
11.対応可能な医療処置 吸引、点滴管理(末梢点滴、皮下輸液)、中心静脈栄養、CVポート、在宅酸素、人工呼吸器、NPPV、気管切開、経管栄養(胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養)、ストーマ、腎ろう、尿道カテーテル、導尿、褥瘡(床ずれ)、疼痛コントロール 等※上記以外の医療処置ケア対応も可能です。随時ご相談を受け付けています。

ご利用料金

※交通費は一切頂いておりません。

※土日祝日、夜間訪問看護の保険外自己負担はありません。
例:土曜日訪問60分訪問の場合 900円のみ(追加の保険外費用はありません)

介護保険ご利用の場合(訪問看護)

<ご利用料金は、時間によって決まります。>

20分未満 343円
30分未満 512円
30分以上60分未満 900円
60分以上90分未満 1234円

医療保険ご利用の場合(訪問看護)

<ご利用料金は、日数によって決まります。>

その月の初回の訪問日/毎月 1訪問1285円
その月の2回目以降/毎月 1訪問850円  

介護保険、医療保険の場合も必要に応じて加算が付きます。

特別な医療処置があった場合 250円~552円/毎月
緊急時に訪問看護が来れる体制を希望される場合 約540円/毎月

※自己負担割合によって、自己負担額が変わります。上記は、1割負担の場合です。詳しく知りたい方はお尋ねください。

よくあるご質問

Q.介護保険と医療保険の利用にはどのような違いがあるのか分からない・・・
A.サービスの内容には違いはございません。
支払う金額と利用できる回数などが違います。
40 歳以上の要介護認定を受けている方は原則介護保険での利用となります。
但し、その中で癌末期の方、難病指定を受けている方は医療保険での利用となります。
介護保険の要介護認定を受けていない64歳以下の若年者は医療保険での利用となります。
Q.事前の看護相談には料金がかかるのですか?
A.いいえ、事前の看護相談には一切料金はかかりません。
また、事前のお打ち合わせ訪問について も料金をいただいておりません。
例えご契約書を締結した後であっても、看護師又はリハビリスタッフがサービスを実施しない限り料金は発生いたしません。
どうぞお気軽にご相談ください。
Q.胃瘻を使用して栄養を摂っているのですが、在宅でも続けていけますか?
A.十分続けていけます。
御家族は胃瘻からの栄養を行う手技の指導を入院中に受けて頂くとスムーズですが、自宅に帰ってからもご指導させて頂くことは可能です。また、手技に戸惑った時は訪問看護師がその都度、指導や助言を行います。
Q.在宅で酸素療法をしている・人工呼吸器を装着しているけど大丈夫ですか ?
A.はい、大丈夫です。
安心して在宅での生活ができるようサポートしていきます。
Q.在宅で点滴は受けられますか?
A.主治医の指示で行うことができます。
Q.週に何回、訪問看護に来てくれるのですか?
A.利用回数は基本的に1週間に3日までですが、病状によってはこの限りではありません。
利用時間は 20 分~1時間 30 分程度で、平均1時間になります。
状況によっては毎日の訪問看護が可能な場合(※厚生省が認める疾病)があります。
病状の急性憎悪時に特別訪問看護指示書の交付を受けると、1ヶ月に2回まで(1回14日間)28日間を限度として連続訪問が可能です。
Q.訪問看護はどんな人が来てくれるのですか?
A.看護師や理学療法士、作業療法士、がお伺いします。
Q.在宅での看取りを考えているのですが、深夜とか早朝、緊急時に訪問して頂けるのですか?
A.当ステーションでは、24時間窓口で訪問看護師が電話を受け、必要時緊急訪問対応いたします。
病院に行ったほうが良いか判断に迷った場合、遠慮せずにご相談してください。
Q.訪問看護の時に家族がいないといけませんか?
A.お一人住まいの方や、日中お一人の方のお宅は、ご家族がいらっしゃらなくても訪問看護師が行っています。

その他掲載されていない内容に関することも、お電話・インターネットでご質問を受付けております。

お問い合わせはこちら

ご利用者の声VOICE

CONTACTご相談・お問い合わせ

訪問看護に関するご不明点やご相談がございましたらまずは下記よりお気軽に問い合わせください

お電話でのご連絡はこちら

Tel.052-331-1904(受付時間 / 平日10:00〜18:00)

インターネットでのご連絡はこちら

お問い合わせをする