Recruit

Better Workを
支える制度

最高のケアをするために、私たち自身がハッピーでなければならない」。その実現に向けて、デザインケアではどのような制度や体制を整えているのか?この「Better Work」を支える施策についてご紹介します。まだまだ不十分なところや改善しなければならないこと、新しく導入したい制度やシステム等が山ほどあります。今後ますます充実させていくつもりです。より良い会社をつくるために、ぜひ一緒に取り組んでいきましょう。

業務を支えるITインフラ 社内外連絡コミュニケーションツール
入社されましたら全員に「社用のiPhone」を支給いたします。社内はもちろん、利用者様やそのご家族、医療関係の方々等、外部との連絡ツールとして活用してください。


社内システム
  • iBow(アイボ)という電子カルテを使用。現地で記録を書くことができるので、事務所に戻って記録する必要がありません。
  • Chatwork(チャットワーク)の活用。写真や動画を活用してのコミュニケーションが可能で、例えば最高のケアに向けての専門人材との相談やディスカッションがタイムリーに行えます。また電話のファーストコールはバックオフィススタッフが対応し、届いたFAXはPDFとして出先でも確認できます。
  • 電子FAX対応。スマートフォンからメールを送るように、FAXを送信することができます。これにより隙間時間の活用方法が変わり、業務効率の向上に寄与します。
資格取得支援制度
  • 年間5万円の学習費を活用して、資格取得を行ったり、学会や勉強会に参加したりが可能です。
  • 資格の種類によって手当額が決まっており、学んだことが評価される仕組みです。ラダーが上がると、認定看護師や特定行為研修等への学習支援を受けることができます。
育児支援/学業支援制度
  • 子育てしながら働く方を応援するために、企業内保育園を完備しています。職員は月1万円で病児保育付きの保育園が使えます。


コトノハの森保育園
  • 時短勤務制度:学業・育児・介護等との両立を支援するために、より柔軟で自由度の高い勤務体系を整備中です。
    例)8時間×週4日
      6時間×週5日等
副業OK 「病院でも看護をしたい」「セミナー講師をしたい」「NPOでも働きたい」等、多様な働き方を応援します。
休暇制度 年間休日122日(有給休暇含め)
7日程度の長期休暇を3回/年、取得するスタッフもいれば、分割して取るスタッフもいます。所長と相談しながら、WLBに合わせた働き方を支援しています。
待機体制 夜間待機:1スタッフ月1回程度(2019月12月現在)
常勤のみ待機をします。ただし、子育て中のスタッフは第一子が中学校に入るまで待機は免除されます。
*デザインケアでは、エリアごとに夜間待機情報を共有しています。また、夜間待機における判断のレベルを上げるためにナースプラクティショナーから支援を受けることができます。これにより待機の負担を軽減し、持続可能な働き方デザインを行っています。
報酬/各種手当 年収例
入社3年目の常勤スタッフAの年収 480万円
所長年収 640-740万円
◎手当:住宅手当、子ども手当、資格手当、学習手当、認定専門手当、結婚お祝い金、出産お祝い金、飲み会手当、GOHOME手当、役職手当、待機手当、時間外割増賃金、通勤手当等
就職説明会
申し込み
見学体験
採用応募エントリーはこちら