「人生会議で最期の迎え方を話し合いましょう」勉強会のお知らせ

みんなのかかりつけの取り組み

2019.02.06

こんにちは。みんなのかかりつけ訪問看護ステーション・広報の森田恭平です。本日は、3月15日に開催予定の勉強会の告知をさせて頂きます!


~「人生会議」で最期の迎え方を話し合いましょう~
終末期にどのような医療やケアを受けるか、事前に家族や医師らと繰り返し話し合う「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」という取り組みを普及させようと、厚生労働省は愛称を「人生会議」に決め、先日公表されました。それに合わせて、「デザインされたケアで。 人生の全ての段階で。全ての人々が豊かに暮らせる社会を」目指す株式会社デザインケア・みんなのかかりつけ訪問看護ステーションでは、人生会議についての講師をお招きした勉強会を企画しました。


【講師とテーマ】NPO法人 日本ICDの会副理事長 野村浩史氏「もしバナカード」
【日時】2019年3月15日(金)19:00~21:30
【場所】愛知県名古屋市天白区植田1丁目1801アベニールサワ 302
【参加費】1000円(1ドリンク付き・税込)※当日会場でお支払いください
【定員】12名まで ※定員になり次第締め切り
【スケジュール】
19:00~19:20  チェックイン(今の気持ちを一言ずつ)
19:20~20:30 ワーク
20:30~20:45 チェックアウト
20:45~21:15 交流会


※もしバナカードとは
自分もしくは誰かの死生観に触れる体験をしたことはあるでしょうか?
もしバナカードとは、緩和ケアや地域・在宅医療に取り組む医師らが開発したカードゲームです。ゲームの中では、重病の時や死の間際に「大事なこと」として人が口にするような言葉が記してあるカードを使い、余命半年の想定で大事にしたい言葉を選びます。自分自身との死生観に触れるような体験にもなります。


~講師から一言~

はじめまして、野村と申します。ICD(植込み型除細動器)を7年前に身体に植込んでから「ヒトの生き方や人生の終い方と向き合うきっかけづくり」をしています。

今回の勉強会では、もしものときの話し合い(もしバナ)ゲームをします。このゲームでは、人生の最期にどうありたいかについて、自分自身が大切にしていることを考え、それらを言葉にします。ワークのなかで自分以外の人生の最期に触れることもします。

人生の最期はいつ来るのかは誰にもわかりません。しかし、すべての人に必ず訪れます。私生活で人生の最期を話す機会がない方にとって、貴重な時間になればと思っています。「もしバナゲーム」が、自分と向き合うきっかけとなって、より充実した人生を歩むことにつながったり、身近な人たちとのつながりをつくったりすることになれば幸いです。

▲2月2日の勉強会は大盛況となりました(^^) 写真はその時の終了後の様子です!