ご利用者様の外出支援を行いました

ご利用者様の声

2018.03.13

▲みんなのかかりつけ訪問看護ステーション・PT平野(左)とご利用者様(右)

こんにちは。みんなのかかりつけ訪問看護ステーション・平野&森田です。みんなのかかりつけでは、夢旅事業の一環で外出支援を行っています。今回の同行は、PT平野が担当致しました。その様子をレポートさせていただきます。


まず、ご利用者様について。

・40代男性。数年前に脳卒中を発症

・急性期、回復期病棟でのリハビリを経て自宅へ退院する

・後遺症により外出をすることが困難に

・2015年12月から弊社訪問を利用。週4回、療法士や看護師と室外歩行訓練や階段昇降などを行い外出に向けて訓練中


ご本人様は元々、レストランでの食事が趣味でした。今回の外出にあたり、数年ぶりに行ける楽しみ半分、ちゃんと行けるかの不安半分な様子でした。

行き先は名古屋観光ホテル内にある中華のレストラン。ご本人様がお気に入りのお店の1で、よく足を運んでいたところとのこと。

そのレストランで中華料理を食べた後は、デザートもホテル内の喫茶店でゆっくり楽しむことができました。


▲練習していたホテル内での歩行もばっちりできてます(*≧∀≦*)
▲地下鉄も利用しました(^^)

後日、森田がご本人様の自宅へ訪問した際に、外出した感想を伺いました。
「平野さんと外出できたこと。発病以来、一番楽しかった。生き延びてよかった」と終始笑顔で話されていました。そして後日、ご家族3人であらためて観光ホテルにランチへ出かけたそうです。

お話を聞いて、私たちも改めて外出支援のすばらしさを実感しました。かかりつけでは、ご利用者様がハッピーになるような支援を今後もしていきます!╰(´︶`)╯♡