地域のつながりに感謝の日々です@鵜沼店

訪問看護ステーション鵜沼

2020.08.17

こんにちは。みんなのかかりつけ訪問看護ステーション鵜沼店 所長の伊佐治です。毎日暑いですね>< オープンしてからまだ2カ月ちょっとですが、地域のみなさまに感謝の日々です。

今日は医療者用に提供されたサージカルマスクを市役所に取りに行ってきたのですが、こういったコロナ対策用の資材を頂戴する機会が多くあり、訪問看護ステーションとして大変ありがたく思っております。

▲岐阜県から頂いたサージカルマスク100枚

手指消毒用アルコールは、日本酒を作っている「菊川株式会社」さんが作られたものです。6月18日に各務原市からステーションに「市に寄付があった」と連絡があり、私たちも頂くことができました。ちゃんと「飲用不可」と書いてありますが、つい飲みたくなりそう笑。

▲各務原市から頂いた手指消毒用のアルコール。造り酒屋さんの名前が入っているところが良いですね

最初の写真の長袖ガウンは、岐阜県看護連盟会長さんから直接電話があり、「病院と違って、発熱している人が新型コロナなのかどうか、訪問看護では分からないでしょう」と10枚寄付していただいたものです。

▲岐阜県のアパレル会社さんが作られたマスクも大量にいただきました

ご挨拶回りをしている中で、各務原市介護保険サービス事業者協議会を紹介してもらったのですが、そこから福祉用具販売をされている五月商店さんをご紹介頂きました。五月商店さんからは、市役所にメール登録をするとよいことを教えて頂き、登録をしたところ、すぐにアルコールやサージカルマスクの案内がありました。

まだオープンして間もないですが、つぎつぎと地域の方々と繋がり、地域の皆さんに支えてもらって、今の私たちのステーションがあることを実感しています。我々が関わるこの地域を皆さんと一緒により良い地域にしていきたいと思います。



<お知らせ>
みんなのかかりつけ訪問看護ステーションでは、「日本の隅々まで最高のケアを届ける」というビジョンの実現を一緒に目指す仲間を募集しています。興味あるかたはぜひホームページからご応募ください。見学も受け付けてます!→【採用ホームページ:
https://kakaritsuke.co.jp/recruit/