中央区社会福祉協議会「虹のサービス」で講演しました

みんなのかかりつけの取り組み

2020.11.13

東京都中央区社会福祉協議会「虹のサービス」でのみんなのかかりつけ訪問看護ステーション東京店後藤聡看護師の後援の様子

みなさん、こんにちは! みんなのかかりつけ訪問看護ステーション東京店・看護師の後藤です。

先日、中央区社会福祉協議会の「虹のサービス」のボランティアの方々に向けて新型コロナウイルス感染症対策の講演をさせて頂きました。

虹のサービスとは、中央区在住の高齢者や障害者、産前産後の方に、日常生活上の家事援助などをご自宅に伺って行うボランティア事業です。 私たち訪問看護と同様、地域を支えていらっしゃいます。

講演では、感染症に対する基本的な考え方、訪問看護での感染対策の紹介とボランティア時の対策、コロナ禍でのメンタルヘルスについて話をさせていただきました。

ご自宅に訪問されている方から、現場での不安や疑問などに対する質問も多くいただく活発な場となりました。私たちも、現場の生の声を聞くことできてよかったです。

今年の1月頃から新型肺炎のニュースが流れはじめ、急激に日常生活や行動の変化を求められるなかで、強いストレスや孤独感を感じる方も多かったのではないでしょうか。ボランティアを通して提供者と利用者が会話や交流をすることはメンタルケアにも繋がるのではないかと思います。

今回の講演を通してこれからもボランティア活動が安心して行えるようになればと思います。 コロナ収束が見えない中ではありますが、引き続き地域を支える人々との繋がりを大事にしていきたいです。

「虹のサービス」にて講演するみんなのかかりつけ訪問看護ステーション東京店・後藤聡看護師
▲写真右が私・後藤、左が東京事業所長の高田です

<お知らせ>
みんなのかかりつけ訪問看護ステーションでは、「日本の隅々まで最高のケアを届ける」というビジョンの実現を一緒に目指す仲間を募集しています。興味あるかたはぜひホームページからご応募ください。見学も受け付けてます!→【採用ホームページ:https://kakaritsuke.co.jp/recruit/