豊明市の認知症予防カフェにてセミナー講師しました

みんなのかかりつけの取り組み

2020.11.13

みんなのかかりつけ訪問看護ステーション有松・豊明市認知症予防カフェby吉村元輝

こんにちは。みんなのかかりつけ訪問看護ステーション有松店所長・副ブロック長・緩和ケア認定看護師の吉村元輝です。

今週はじめの11/9(月)に豊明市の認知症予防カフェにセミナーの講師としてお邪魔してきました。

セミナー内容は「カフェのひと時 自分らしく最期まで生き切るために・・・」として40分間のお話をさせていただきました。ご参加されていたのは全員女性で、認知症予防のための太極拳に1時間20分取り組まれてからのお時間でした。

日本人の死に場所の変化や日本人の望ましい死(Good Death Inventory)などについてお話しをさせていただき、みなさん熱心に聞いていただきました。残された時間があと半年で、比較的自由に動く事ができる状況を想定して思考していただいたり、今考える「自身が最期を過ごしたい場所」について、ご家族様への介護の経験や実際に自分が病気となったときの想定をしながらお話しをしていただきました。

病気だから病院に行き、医療者に残りの人生を託すではなく、残りの時間に『何』をするために、『何』ができるために、どの治療を選択するべきか。こんな人生の話ができるお医者さんや看護師さんを早めから作りましょうというメッセージをお伝えしてきました。

もし、残された時間が限られていると分かった時・・・あなたは何をしますか・・・

この問いを地域の医療介護福祉の方と地域住民の皆さんと一緒に、これからも考えていきたいと思います。


<お知らせ>
みんなのかかりつけ訪問看護ステーションでは、「日本の隅々まで最高のケアを届ける」というビジョンの実現を一緒に目指す仲間を募集しています。興味あるかたはぜひホームページからご応募ください。見学も受け付けてます!→【採用ホームページ:https://kakaritsuke.co.jp/recruit/