第10回日本在宅看護学会学術集会ご報告

メディア/講演実績

2020.11.17

第10回日本在宅看護学会学術集会

こんにちは。株式会社デザインケア・みんなのかかりつけ訪問看護ステーション代表の藤野泰平です。

先週末、第10回日本在宅看護学会学術集会「変わりゆく社会の変化に求められる在宅看護の力(安心して療養、生活できるまちづくりへの看護の役割)」にシンポジストとして参加しました。今回はWEBでの開催でしたが、100名を超える方に参加いただき感謝です!!

シンポジウムでは、①なぜ地域コミュニティは必要だと思いますか?②地域コミュニティはどのようにつくっていくといいと思いますか? ③地域コミュニティをつくるうえで私たち看護師ができることは何ですか? といった問いを投げかけさせていただきましたが、訪問看護と地域づくりというテーマについての関心の高さを感じました。

私たちの訪問看護ステーションでは、利用者様へベターケアを届けるために地域を巻き込むこと、ベターコミュニティーを作るために地域と共同することに積極的に取り組んでいます。そして、実践内容を社内で共有するだけでなく、善い取り組みについて年2回社内のフォーラムで表彰し、磨きあっています。

看護師やセラピストが 「最高のケアをしたい」「こういう地域にしたい」とピュアに思う気持ちを素直に話せる、そんな場をこれからも広げていきたいと思います!

※写真は掲載許可をいただいたうえで使用しております


<お知らせ>
みんなのかかりつけ訪問看護ステーションでは、「日本の隅々まで最高のケアを届ける」というビジョンの実現を一緒に目指す仲間を募集しています。興味あるかたはぜひホームページからご応募ください。見学も受け付けてます!→【採用ホームページ:https://kakaritsuke.co.jp/recruit/