『訪問看護と介護』にて佐々涼子さんとの対談記事が掲載されました

メディア/講演実績

2021.03.01

訪問看護と介護、エンドオブライフ佐々涼子さんとの対談

株式会社デザインケア・みんなのかかりつけ訪問看護ステーション 広報担当です。

この度、『訪問看護と介護』(医学書院)最新号にて、教育研修部・部長の坂口博紀が、ヤフー本屋大賞(ノンフィクション部門)受賞作「エンド・オブ・ライフ」著者の佐々涼子さんと対談させていただきました。 編集部のみなさん、すてきな記事をありがとうございました。

在宅医療の現場を取材されてきた佐々さんと、「聞き書き」など「言葉によるケア」に取り組む訪問看護師の坂口が、「死」に向き合うということ、というテーマで語っています。

巻頭の7ページの大企画となっています。記事の内容はもちろんですが、在宅医療に興味のある看護師さんやセラピストさんには、著書をぜひ読んでいただきたいなと思いました!

【医学書院「訪問看護と介護」ホームページ】

過去のブログ記事「聞き書きを始めたきっかけ」



【東京・名古屋・岐阜|一緒に働く仲間を募集中!】
利用者さま中心のケア、日本の隅々まで最高のケアを届ける、病気であっても住み慣れた家で過ごしたい方を支える、そんなビジョンに興味のある方、わたしたちと一緒に訪問看護をしませんか?経験は問いません。お気軽に見学・説明会へご応募ください。詳しくはこちらから→会社ホームぺージ採用ページ