【スタッフ紹介 in 高畑店】看護師1年目で訪問看護師やってます

社員紹介・インタビュー

2020.03.09

こんにちは。みんなのかかりつけ訪問看護ステーション高畑店 看護師の吉田雄太です。岡山県から引っ越しをし、11月よりみんなのかかりつけに入社しました。みんなのかかりつけで働くにあたって、訪問看護を選んだ理由や、在宅看護のやりがいなどを、看護師1年目なりに考えたことをご紹介したいと思います。

看護師1年目で訪問看護を選んだ理由


一番の理由は、「自分がやりたかった看護師としての働き方」が訪問看護で出来ると思ったからです 。自分は、看護師としての働き方を考えた時に「利用者様との関わりの中で、その人の人生の手助けをしていけるような看護をしていきたい」と思っていました。


ただ中々現実ではそのような働き方ができずモヤモヤした期間がありました。そんな日々を過ごす中で「2025年に向けて、新卒看護師も訪問看護に必要!」というニュースなどを聞いて、ふと訪問看護というものを意識し始めました。


そんなときに「みんなのかかりつけ」の存在を知り、そもそも前提として「実際の現場で、看護師の経験年数がほとんどない人でも働くことができるのか」を聞いてみようと見学を申し込みました。


実際に見学をしてみての返事は、「ここではできます!」


さらに「かかりつけの訪問看護では生きる力や生きる希望を支えるための伴走者としての役割が求められている」という部分が、はじめに話していた自分のやりたかった看護師としての働き方にマッチしていて、そういった理由もあって訪問看護をやろうと思いました。

みんなのかかりつけ訪看STを選んだ理由


2つあります。 1つ目に、見学を申し込んだときに説明を受けた「組織風土に共感したこと」です。


みんなのかかりつけが大切にしているValuesのBetter Workに、「最高のケアをするために、私達自身がハッピーでなければならない」という価値観があります。 これは自分が大学院時代に看護管理について研究をし、働くうえで重要な要因だと思っていたので、この価値観を大切にしていた「みんなのかかりつけ」を選んだ1つの理由になりました。実際に働いてみて、スタッフ全員が楽しそうに、ハッピーに働いているので就職してよかったなと思います。

▲上下関係のない、敬意を持ったコミュニケーションを大切にしています。

2つ目に、「教育体制がしっかりしていたこと」です。


少ない人数で回している訪問看護ステーションが全国的に見ても多いということは知っていたので、どうしても新人教育に手が回せれないイメージがありました。 「みんなのかかりつけのスタッフ数は今は80人を超える大人数で、その分慣れるまで同行訪問を何回も組むことができることが強みである」ということを見学のときに聞きました。


それを聞いて、自分が就職してからの看護師として成長していけるイメージができたことがもう1つの理由です。 実際に就職してみて、手厚いサポートと自分の成長スピードや個性に合わせた振り返りをしてくださるので、看護師として日々成長を実感することができています。

▲ 症例検討をしたときの写真。テーマは「支える看護について」

訪問看護に対する不安は?


自分にとって一番の不安材料は、「看護師一年目で圧倒的に経験のない私が一人で訪問して,なにか異常があったときに対応できるかどうか」でした。ただ、みんなのかかりつけでは社用携帯として一人一台iPhoneが支給されています。


なので、「何か異常があったときにはすぐ相談ができる環境」が整っています。 写真や動画を撮って共有もできますし、ビデオ通話で状態をリアルタイムで先輩に見せながら指示を仰ぐこともできたりします。”インターネットの普及”が、自分にとって有り難いものとなっています。


あとは、やっぱり「相談しやすいスタッフが,かかりつけという会社に集まっている」のが自分にとってはとても心強いです。新人である自分はわからないことしかないので、誰かに相談したり、助けてもらわないといけない機会が本当に多いですが、新人の僕には有り難いですね。


まとめると、「相談しやすいスタッフと環境がある」ことは、何かあればすぐに対応でき、おかしなことがあったときにはいち早く気づいてもらえるシステムで、自分の不安を減らしてくれるだけでなく、楽しく働くことが出来るようになっています。

実際に働いてみて、やりがいは?


看護師としての経験がどうしても少ないので、訪問看護特有のやりがいっていうのはまだ私にはよくわかっていません。ただ、やっぱり病院と訪問看護では違う能力を求められている気がします。まずは、利用者様の家に上がらせていただかないと何も始まらないので、信頼関係を築いていくための看護師以前の人間関係形成能力が求められていると思います。


それから看護師としてのアセスメントをし、生活を支えていく役割・能力が求められているのかなと思います。なので、一から人間関係を作っていくことはまだまだ自信がないですが、そこを克服できれば自分が求めていた看護師像に一歩近づける気がしています。


そして、日々一生懸命関わって信頼関係を築いていく中で、「利用者様からの『今日も来てくれてありがとう』だったり、同じ空間にいる人達全員で楽しく笑い合える瞬間・場面」が、今の私の訪問看護をやっていく上でのやりがいになっていると感じます。

▲ニット帽とひざ掛けの誕生日プレゼントを渡したら「最高じゃあ!」と最高の笑顔を見せてくれたご利用者様。この笑顔を集めることが ”私達の行動指針であり、私の看護師をやっていてよかったと思える瞬間” です

興味・関心を持たれた方へ


「病棟経験が少ないから訪問看護ができない」という友人の言葉を聞いたことがありますが,そんなの関係ないことを自分は証明していきたいと思います。


誰でもいつでも訪問看護1年生でありますし、2025年問題を迎える日本にとって訪問看護師という人材は必要とされています。そんな自分を必要としてくれる人たちがこの職場にはいますし、笑顔で楽しく働ける職場がここにはありました。


みんなのかかりつけでは、病院ではできないようなこと、看護師としてだけでなく、一人間としての成長もさせてもらえる環境があることを入職して知りました。


良いことばっかりしか書いていないですが、もしかしたら悪いこともあるかもしれないので、そこは見学に来て、実際に肌で感じてみてもらえたらと思います!そして「全ての人々の豊かな社会の実現」に共感して頂ける人は、年齢・経験年数関係なしに、みんなのかかりつけに入職して充実した看護師人生を一緒に送りましょう!

▲2ヶ月間研修で来ていただいていた看護師さん送別会 Prat 1
▲2ヶ月間研修で来ていただいていた看護師さん送別会 Prat 2
▲入社して3週間,誕生日も祝ってもらえました 。お祝い事が大好きな人が集まってます!

高畑店の詳細はこちら