夏のハッピープロジェクトin鵜沼

みんなのかかりつけの取り組み

2021.08.07

鵜沼店ハピプロ

こんにちは。みんなのかかりつけ訪問看護ステーション鵜沼 理学療法士の渡邊です。今回は「夏ハピプロin鵜沼」と題して、鵜沼店の熱中症予防の取り組みをご紹介します♪

※「ハッピープロジェクト(ハピプロ)」とは、「利用者様やそのご家族に笑顔を届ける小さなサプライズを、訪問看護スタッフたちのアイデアでお届けしよう」というみんなのかかりつけの取り組みです 。詳しくは記事後のリンクを参照ください。

「熱中症警戒アラート」発令中


真夏になって気温も上昇し、「熱中症警戒アラート」が連日発令! 私が子どもの頃、このような言葉を聞いたことはありませんでした。ご利用者さまの中にはエアコンが苦手な方や、病気やケガの影響でご自身で体温調整が難しい方などがいらっしゃり、様々な理由で熱中症の危険性が高まっています。

そこで、この「分厚い夏の壁」を乗り越えるべく、鵜沼店のハピプロとして、熱中症予防の取り組みを行うことになりました。

「夏の壁」への挑戦


壁を乗り越えるべく、私たちが用意したのはチラシと塩タブレット! 普通にお渡しするだけでは私たちの想いが届きにくいのでは?と考え、手作りでチラシを作ることにしました。

チラシのテーマは「夏の始まり」。皆さんはどんなことで「夏の始まり」を感じますか?  蝉のなき声が聞こえるようになった、蚊に刺された、梅雨明けのニュースなど、いろんなきっかけがあると思います。みんなのかかりつけ鵜沼店でアイデアを出し合った結果、「冷やし中華始めました」ののぼりがよいのでは?という結論になりました!

ということで、のぼりのデザインを参考にチラシ作りを進めました。鵜沼店を感じてもらえるようにスタッフの写真も添えました♪

暑さとのたたかいは続く


梅雨明けとともに、ご利用者さま・ご家族さまにチラシと塩タブレットをお渡しし、熱中症予防の声掛けをしています。

皆さん「ありがとう。気をつけますね」と言ってくださいます。第一歩目は順調にスタート。そして、これからが本番です。分厚い夏の壁を越え、皆さんと「今年の夏も暑かったね」と笑顔で振り返られるよう、鵜沼店の挑戦は続きます。

私たちの願い


夏は始まったばかり。まだまだ暑い日が続きますが、訪問するスタッフも熱中症のリスクは他人事ではありません。利用者様やご家族様の生活を支える私たちも健康でなければ最高のケアができないので、スタッフも皆さんと一緒に熱中症に気をつけたいと思います。

最高の夏を、最高の笑顔で、一緒に乗り越えていきましょう!


【関連記事】
・七夕ハピプロ報告@鵜沼店
・善い仕事の循環づくり(ハピプロとは)


【求人/訪問スタッフ募集中!】
みんなのかかりつけ訪問看護ステーションでは、「日本の隅々まで最高のケアを届ける」というビジョンの実現を一緒に目指す仲間(看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)を募集しています。興味ある方はぜひホームページからご応募ください。見学も受け付けてます!
採用ホームページはこちら
会社ホームページはこちら