ご利用者さまから折り紙を学んでいます@昭和店

訪問看護ステーション昭和

2024.05.13


こんにちは。みんなのかかりつけ訪問看護ステーション昭和(名古屋市昭和区)の理学療法士・長谷川です。最近、昭和店のご利用者さまから、訪問中に折り紙を教えていただいています。そのご紹介です。


日頃の訪問のなかで、花や絵画、写経など、ご利用者さまの様々な才能を目にすることがあります。昭和店が介入中のご利用者さま(Fさまとお呼びします)は折り紙が趣味で、とても上手に作られます。


Fさまは、能面を掘ったり、和裁をされたりと、その手先の器用さを使って多くの趣味に取り組まれてきました。最近では、訪問中のちょっとした隙間時間を使い、Fさまが私に折り紙を教えてくださるようになりました。

▲最初は、簡単で実用的な箱を教えていただきました

▲新聞紙で作った鍋敷きです。少しレベルアップです


私自身折り紙はあまり得意ではありませんでしたが、教えていただくうちに少しずつ上達してきた気がします。Fさまから「ピシーっと合わせていかんと、見栄えが悪なる」とヒントをいただき、練習に励んでいます。

▲Fさまのご長女さまもとても上手で、折り紙とは思えない力作を見せていただきました


Fさまご自身が作ったゴミ箱や鍋敷は、私たちや介護士の方にプレゼントしてくださっています。Fさまのように趣味を楽しむことは、ご利用者さまの生きる力や生きる希望につながっているのではないかと感じています。


ご利用者さまが好きなことや趣味をずっと続けられるよう、これからもチームで力を合わせてサポートしていきます。


【関連記事】
「秋」がテーマのクロスワードをプレゼントしました@昭和店
休みやすい仕組みづくりに取り組んでいます@昭和店
『とっておきの音楽祭in名古屋』に出演しました@昭和店


<お知らせ>
みんなのかかりつけ訪問看護ステーションでは、「日本の隅々まで最高のケアを届ける」というビジョンの実現を一緒に目指す仲間を募集しています。興味あるかたはぜひホームページからご応募ください。見学も受け付けてます!→【採用ホームページ:https://kakaritsuke.co.jp/recruit/ 】

\ 私たちと一緒に働きませんか? /

\私たちと一緒に働きませんか?/
募集要項・採用応募はこちら