聞き書き(其の伍)「最期に1つだけ伝えたい」

みんなのかかりつけの取り組み

2021.04.23

株式会社デザインケア・みんなのかかりつけ訪問看護ステーション、教育研修部です!  私たちの訪問看護ステーションでは、医療的なケアだけでなく、「聞き書き」というケアにも取り組んでいます。今回はシリーズ5回目。訪問スタッフによるFさまとご家族への聞き書きをご紹介します。

聞き書きブログ
▲Fさま(中央)とご主人(左)と娘さま(右)

『最期に1つだけ伝えたい』


語り手:利用者Fさま
聞き手:緑店看護師


こんなお年寄りの身体の事を気にしてもらって悪いね。
私はね、もういつ死んだっていいの。
朝、起きたら冷たくなってる位がちょうどいいかもしれないね。

いいの、いいの、家族一人ひとりに残す言葉なんてそんなに無いんだから。
娘も孫も可愛いけどね。もう言う事は無いかなぁ。
家族みんなが元気で幸せならそれでいいの。
それが私の幸せよ。

主人には…
あっ!この人にはあるわね。
ちゃんと1つだけ伝えておかないといけないこと。
それはね…
私が死んだ後、若い嫁をもらうなってこと!

そうよ。それだけは言っておかなくっちゃね。
まぁ、主人にはそんな心配しないんだけどね。

主人は本当に優しい人。悪いことなんかひとつも言わない。
昔からそうだった。
この人のお父さんも優しい人だったわ。
だから、こう想い合えるようになったのかしらね。


娘さま)
母が病気になって、私も初めて知ったんです。父がこんなにも母のことを大事にしていて、母がこんなにも父のことが好きだなんて。
小さい頃は、仲良し夫婦だとは思ってましたけど、こんなに互いに想い合っているなんて思ってもいませんでしたね。


ご主人さま)
まぁ妻がよくできているからな〜。
そうねぇ、ハッハッハッ!! もうねぇ、若い奥さんなんてもらった時には、化けて枕元に出てやらないといけないからね。


(了)


【「聞き書き」のバックナンバー】
聞き書き(其の四)「俺の人生、俺が決める」
聞き書き(其の参)「やりたいことがいっぱいある」
訪問看護で「聞き書き」に取り組んでる理由
聞き書き(其の弐)「介護生活とこれから」
訪問看護で「聞き書き」やってます
『訪問看護と介護』1月号で教育研修部が紹介されました

※掲載については、ご本人またはご家族の承諾を得たうえでご紹介しています
※聞き書きの内容は、個人が特定されないようアレンジしていることがあります


<お知らせ>
【会社説明会開催中!!】
みんなのかかりつけ訪問看護ステーションでは、「日本の隅々まで最高のケアを届ける」というビジョンの実現を一緒に目指す仲間を募集しています。興味ある方はぜひホームページからご応募ください。見学も受け付けてます!
→【採用ホームページ:https://kakaritsuke.co.jp/recruit/
→【会社ホームページ: https://kakaritsuke.co.jp/